この人形達は私にとって こんな存在です

Pocket

3年前から、突然 人形作りを始めたという菅さん。

モノ作りの土台とも言える これまでの人生の経緯は非常に興味深い。

前職は、義肢装具士だったという菅さんであるが、

画材から額装のイロハ、ミシンまでお手のものという

とことん器用な人物である。

おまけに話し上手ときたから、ちょっとくやしい。

そして、興味への探究心は少年のように熱い。

出会って間もなく、マービンにエンゾが好きだと伺った。

私も、詳しくはないがマービン・ゲイと「グラン・ブルー」は大好きだった。

どちらかと言うと、エンゾよりイルカに魅かれたが。

ENZO (J.Reno)

大好きな映画『グラン・ブルー』のENZOです。

人間臭い、愛すべきガキ大将の役でした。

R.ベッソン監督の出世作ですが、

彼にとっても出世作です。

 

F I A T O 500

ENZOの愛車です。

車を一度作ってみたかったので、迷わず

このFIAT500にしました。

実は人形よりも難しくて大変でした。

デフォルメが、、、まだまだです。

 

椿 三十郎 (三船T)

熱い、とにかく熱い。

体中からエネルギーが溢れている。

こんな方、今はいないですね。

黒沢明監督の『用心棒』という作品

この方の人間臭さがとにかくカッコイイ。

 

雲龍 ジオラマ

円山応挙の龍の画のクールさに一気に

作り上げたこの『雲龍』

山の上で空を見上げていたら雲の中から龍が

飛び出してきた。

というシチュエーションです。

 

 

「これを見るたび前向きになれる」

「なんだか優しい気持ちになる」

「大切な約束を思い出す」

この人形は私にとって、こんな存在です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です