Trace

Pocket

内田江美の「LINE×LINE」本日終了しました。

3-2

Puntoに足を運んでいただいた方からは、各々嬉しい評価をいただきました。

5

油彩と木炭で描かれた画面。

fullsizer-6

皆さん、こんな感じで凝視。

1-2

しばらくすると、こちらのメガネでも見ていただきました。

3

すると歓声!!ひらめき

なんと、絵が3Dで見えます!

レンズを通してカメラで撮ることを試みるもできず、両目の肉眼でないと立体には見えないようです。

まだまだ画像では捉えられないことがあることを実感した瞬間、やはりアートは実際に見ることが大切ですね。

それはそれは、宝石のように散りばめられた たくさんの色や形が画面から舞い上がります。

まるで小宇宙。

      img055

内田さんの新作や活動の断片を見ることのできる画集「EMI UCHIDA」が近日発行になりました。

こちらも是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です