2017かこがわまちかどミュージアム


アートでまちおこし

2017かこがわまちかどミュージアム

おかげさまで通算11回目

アート作品を発表して みんなとつながろ!

まち全体を博物館に見立て、様々な場所で趣味の作品やコレクションなどで笑顔のおもてなし!

開催は1111日(土)19日(日)

 

加古川・高砂・稲美町・播磨町の

まち全体が博物館になる。

 

2市2町のまちに眠る アート・趣味・コレクション…

ひとつひとつを小さな「博物館」として一斉に公開します。

芸術や文化のもつ力で「出会い」「つながり」「集う」それってまちの元気アップに

サポーター(協働)募集!

facebookなどSNSに(#かこがわまちかど)口コミ発信。
冊子やポスター配布など、、、

めぐり回って自身のエネルギーになるのではと企画しました

2017年 メイン会場

  • ぎゃらりー&サロン日本堂
  • 松風ギャラリー
  • 市民ギャラリー
  • 総合文化センター

    今年のテーマは「もっといっしょにドキドキ!」

東播磨の大きな秋を一緒に楽しみましょう!

 

かこがわ まちかどミュージアム とは

かこがわ まちかどミュージアム」というイベントを知っていますか? 陶芸やブリザーブドフラワー、手芸など様々な作家さん達が、自宅を開放したり店舗の一角をお借りして、地域全体を美術館に見立てて作品を展示します。 芸術でいろんな人達との出会い、それを「まちづくり」につなげようと活動しています。 当初、加古川市・観光協会主催で5年、個人のグループ運営で6年目の実績あるイベントで、例年延べ1万を超える来場者がありました。 ここまで皆様に温かく見守られて大きくなった、この「まちづくり」を、加古川流域の地域に広げたいとの思いより、漢字の「加古川」ではなく、ひらがなの「かこがわ」の文字を使って、「かこがわ まちかどミュージアム」というタイトルを使っています。

 

加古川市【かこがわプラス】に掲載していただきました。

<開催終了のご挨拶>
秋の祭典「かごかわ まちかどミュージアム」に出展参加頂いた、56会場62ブースのアーティストの皆さん、大変お疲れ様でした
 
そしてアーティストを支えて、心あたたまる応援をして頂いた、友人・知人・ご家族の方々本当にありがとうございました
 
また、まち中を駆けめぐって観覧していただいた「愛(め)でる」側で支えて頂いた全ての方々に感謝いたします。
 
毎年試行錯誤の「かこがわ まちかどミュージアム」ですが「もっと 一緒にドキドキ」して頂けたでしょうか?
 
今年も無事故で終える事が出来、ほっと一息つきつつ次年度の開催の準備に入ろうと思っています。
 
本当に 皆さま ありがとうございました❤️
 

主催:「まちかどミュージアムを成功させる会」

後援:加古川市、加古川市教育委員会、西日本旅客鉄道株式会社神戸支社、NPO 法人シミンズシーズ、株式会社ヤマトヤシキ加古川店、カピル21 専門店会、寺家町商店街振興組合、但陽信用金庫、兵庫県東播磨県民局、神戸新聞、BAN-BAN ネットワークス株式会社、加古川観光協会

協働:(有)武田石炭商店、(有)田中画材、(有)ライオン屋本店、JR 加古川駅、JR 東加古川駅、JR 宝殿駅、JR 土山駅、市位尚文堂、いづみ化粧品、器と雑貨MOI、加古川市民ギャラリー、川と遊ing 実行委員会グッズ・プリモギャラリーくらしごと、呉美屋、春光堂、たちばな呉服店、丹安本店、土遊び・キッチン「土器土喜」ギャラリー&サロン日本堂、兵庫製餡事業協同組合、婦人服飾 ベルほるぷ絵本館松風ギャラリー、モチズキ薬局、焼鳥でん、リトル・アーミッシュ、理容スナダ、ルッチ、㈱デジホン兵庫中村義一建材㈱加古川市民会館「指定管理者㈱ケイミックス」、三河屋、老舗洋菓子店ハナフサ但陽信用金庫観光協会H・G・F 福岡ギャラリー、079BUILD、神戸館、zakka Nekoya、アコヤ楽器、やきやきや
理美容室 JUMP×AZ 加古川店はとのさと保育園谷オートセンターロージーカフェタカセ不動産加古川駅前店

※冊子は、上記、協働のお店や施設で設置しております。

かこがわまちかどミュージアムの「ワンコイン ネットサポート講習会」、冊子・ポスター・ハガキ、公式ホームページ・facebook ページは、東播磨の地域情報コンシェルジュ「 いっとこ!はりま」(http://i-harima.net) がサポート・協力しております。

この事業は、兵庫県東播磨県民局及びこころ豊かな美しい東播磨推進会議から「東播磨地域づくり活動応援事業」の助成を受けています。

かこがわ まちかどミュージアム2017年
会場57/62ブース一覧