焼かない焼き物

Pocket

本日、阿曽藍人の「touch the earth」が終了しました。

「点から線へ」4人目となるラデックへバトンを渡します。

今展では「点から線へ」の醍醐味、作家の新たな試みが見られました。

陶というジャンルを扱いながら、このシリーズは何と焼成していない。焼かない焼き物!?

火を使わず、土そのもの、そして原土を重ねて描かれた作品なのである。

   

アボリジニを彷彿とさせるような画面は、焼き物の概念を取り払った自由さと可能性をも感じた。

その上で私たちは、決してチューブの絵具ではない 土という素材であるからこそ対峙する阿曽さんを知ることになる。

こちらは野焼きで焼成した作品群。

陶板の質感をはじめ、実に様々な表情を見せてくれる。

  

釉薬を用いない肌は 水を吸い込むのと同じように、呼吸をしているよう。

色が変化したり、時に手をかけてやりたいと思う陶。

生き物のようである。ピーちゃんでもいい。

左から二番目の丸皿をピーちゃんにした。

一人だけ、何だかカサカサしてるとこも嫌いじゃない。

阿曽さんの作品は様々な雑誌などにも紹介されています。

どうせなら、ちょっとシャイなピーちゃんを選びたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です