美を見て死ね

Pocket

訃報

堀越千秋さんが死去されました。
スペイン現地時間の10月31日午後9時45分、マドリード市内にて多臓器不全のためご家族に見守られながら静かに亡くなられました。葬儀は、現地時間1日の午前9時から午後11時までマドリード市内で行い、後日、スペインと日本でお別れ会を行う予定です。

 

1948年東京生まれの堀越さんは、東京芸術大学大学院修了後、1976年にスペイン政府給費留学生としてスペインに渡る。その後はマドリードに在住し、ヨーロッパで高い評価を受けている。
全日空の機内誌「翼の王国」の表紙画でも有名。カンテでフジロックフェスティバルに出演。
2013年、BS朝日にてドキュメンタリー番組「情熱の画家 スペインに生きる~ピカソの魂を訪ねて~」が全国放映。2014年、スペイン政府よりエンコミエンダ文民功労賞受賞。エッセーなどの著作も多く、現在週刊朝日で「美を見て死ね」を連載中。朝日新聞では、「Globe」の連載コラム「アート特派員」を執筆。

 

堀越さんとの出会いは随分 昔になる。Galeria Puntoの名付け親であり、 そのロゴも堀越さんの手描きだ。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ちょうど1年前、堀越さんとPuntoのオーナーの誕生日である11月4日に現在のGaleria Puntoの移転オープンにあたり堀越千秋の個展「容赦なき美、堀越千秋」を開催した。この際、スズキコージさんも駆けつけてくれ、3人で「皆の葬式にはカンテを唄ってやる」と笑い話をしていたのに、先に逝ってしまった。

imgp0323

2013年には鶴林寺でのアート・プログラムに参加くださった。世界を渡る堀越さんだけに、Puntoでは逆に地方でしかできない企画を実行した。遊びである。お寺の境内でのライブペインティングに本堂を横目にワインでカンテ即興ライブ、作品は国宝に吊り下げた。コージさんとのオリジナルコラボTシャツを作って皆で着た。このTシャツはアート・プログラムの定番となっている。堀越さんが大好きなアートの原点 遊びをとことんやりたかった。

imgp6765

スズキコージさん、谷五郎さんを交えてのライブは大盛り上がりだった。来年は、もっともっと面白く遊ぶつもりだった。

imgp6793

初秋だったか、ついこのあいだ堀越さんと電話で話したばかりで、来年の秋には展覧会も予定していた。また、鶴林寺での2度目のライブペインティングもやろうと言ってくれた。「コージ(スズキコージ)さん、誘ってよ!」と笑う声が今でも耳に残っている。送信フォルダには、何日か前の返信のないメールが残っている。

世界で活躍する有名な堀越千秋が、二つ返事で よくぞ こんな田舎に来てくれたと今になって思う。ギャラリーの一スタッフに満面の笑みで握手を求めてくれる人は、後にも先にも堀越さんただ一人である。この時の感動は忘れもしない。

人の言うことに左右されず権威になびかず、あまりにも大きな懐の持ち主。堀越さんのような画家はもう現れないだろう。そして、作品もしかり。

くしくも、堀越さんの誕生日である2日後の11月4日は「点から線へ」のオープニングパーティである。

ハチャメチャな自由人とも思える堀越さんは、日本とスペインと行き来しながらダイナミックに生きた妥協なき美そのものだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です