とりっこ

Pocket

沼田佳苗の「夜のにわ」。

cdfa0de1

現在、夜シリーズの新作などを展示中。

沼田さんの夜の闇は決して暗闇でなく、実際の画面も青を重ねた独特の夜空が広がる。

%e5%a4%9c%e3%81%ae%e3%81%ab%e3%82%8f

人間が気付かぬうちに、植物や生き物が脈々と命をつないでいるような生命に満ちた画面。

7e0e66f8

一度見た人は必ずと言っていいほど記憶に残る、真っ直ぐな美しさ。

2

3

沼田さんの絵に必ず登場するのが、とりっこ。

生命の象徴として描かれた赤い鳥の存在をご存知でしょうか。

まるで私たちの代わりに、とりっこが旅をし続けているかのように。

沼田さんは展覧会の際に、必ず一つ一つ手作りしたとりっこを用意してくれます。

この とりっこは持ち帰り自由、どなたでも気に入ったとりっこを連れて帰ることができます。

Puntoでも3回目の個展となりますが、今まで ひょんな所でとりっこを見つけたり、

お部屋に貼ったり車に貼ったり・・そんな光景を見つけると嬉しくなります。

という訳で、画廊の壁にもペタリ。

044c3fa7     a8aef6af

皆さん!まだ お嫁に行っていない とりっこがいますので、ご希望の方はぜひ連れて帰ってください。

幸せの赤い鳥。

e7b35f12

また、普段は展示しない色々な小品を追加展示しました。

一度ではもったいない「夜のにわ」。

沼田佳苗の「夜のにわ」は今月12日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です